2月 前進させる力を頂いて、共に歩んでいきましょう!

皆さん、ある日、イエスさまが金持ちの青年に言われたように、神さまは「善い方」です(マタイ19・17参照)。
「天におられるわたしたちの父」は、天に向かってこの地上で信仰の旅を続けているわたしたちを常にご自分の豊かな恵みで支えてくださっています。わたしたちのことだけを考えることはできません。
というのは、神さまが「善い方」としてすべての人によいものをお与えになるからです。
わたしたちの片瀬教会共同体にとって、2019年は節目の年です。
今年の3月19日の聖ヨセフの祭日に、片瀬教会聖堂が献堂されて、80年になります。
献堂式は1939年3月19日に行われました。
ご存じのとおり、片瀬教会聖堂は「聖ヨセフ」にささげられています。
確かに、教会の保護者である聖ヨセフは、わたしたちの教会共同体をも守ってきてくださいました。
典礼は、3月19日に聖ヨセフの祭日を祝います。
3月19日こそ片瀬教会聖堂献堂記念日ですが、4月21日の復活祭に献堂80周年を祝うことになります。
80周年をどのように祝うのでしょうか。
記念カードのほかには、別に何も企画されていません。
4月21日、主の復活を祝いながら、また今回もわたしたちが新しい兄弟姉妹を迎える喜びを共にしながら、何よりも80年の間、わたしたちの片瀬教会共同体を成長させてくださった父である神さまに心から感謝します。
洗礼台帳を調べさせていただいたところ、献堂式に先立って、最初の洗礼式が仮小聖堂で行われた1937年5月から2018年12月まで、1765名の兄弟姉妹は洗礼の秘跡を受けたので、本当に神さまは前進させる力を与えてくださったということが分かります。
神の働きがあったからこそ、記念すべき節目の年を迎えることができました。
2019年度活動予定表を見ますと、2月10日(日)10時のミサ後に「2019年度 カトリック片瀬教会 信徒大会」が開かれます。
恒例により、信徒大会式次第に沿って進めますが、時間の制限にもかかわらず、誰もがご自由にご自分の意見を述べてくだされば、幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
信徒大会開催にあたり、今年のテーマを考えるようにと勧められたので、「前進させる力を頂いて、共に歩んでいきましょう!」を2019年のテーマとさせていただきました。
テーマの前半で、重点が「神の働き」に置かれています。
80年間の片瀬教会の歴史が示しているように、神さまが与えてくださる力は、決して後退させる力ではありません。
そんなことは、あり得ません。
神さまが「善い方」であり、「善い方」として常にすべての人によいものをお与えになるからです。
片瀬教会聖堂献堂80周年を祝おうとしているわたしたちに神さまが与えてくださる力は、前進させる力なのです。そのような力を前に、わたしたちはどうすればよいのでしょうか。
自分の心の扉を開き、前進させる力を頂いて、共に歩んでいくことこそ、わたしたち一人ひとりにできることではないかと思います。
前進させる力を頂いて、共に歩んでいくなら、片瀬教会の歴史が続くでしょう。