10月「信仰年」

今度の10月11日から2013年11月24日(王であるキリスト)まで、“信仰の門”という自発教令をもって教皇ベネディクト16世は“信仰年”を宣言なさいます。その時期を選んだのは、2012年10月11日は第二バチカン公会議が開幕して50周年になるし、“カトリック教会のカテキズム(公教要理)”配布20周年を記念する日になっているからです。

その自発教令には次のように書いてあります。「私達は塩に塩気がなくなり、光が隠れたままでいるのを受け入れることが出来ません・・・私達は忠実に伝えてきた神の言葉と弟子を生かすために、与えられた命のパンの味を再発見しなければなりません。」

教皇のメッセージは二つの言葉でまとめれば、「信仰を深めることと伝えること」になるのではないかと思います。この“信仰年”の目的を達するには、教皇様はまず次のようにおっしゃっています。「典礼と秘跡、とくにミサがなければキリスト信者の証し、支える恵みを失うことになります。又私達は信仰を伝える使命を持っているその内容を知る必要があります。それでカトリック教会の教理を通して、教会の教えを正確に身につけることは不可欠な手段なのです。」と訴えています。又「“カトリック教会のカテキズム”は信仰の根本的な内容を再び発見させます。教会の二千年の歴史の中で受け入れ、守り示してきた豊かな教えを見出すことが出来ます。」

私達としてはその教皇様の言葉を大切にし、自分の信仰をもっと理解する為に、勉強だけではなく、祈り、秘跡、ミサをおろそかにしないで、日曜日は神の日としてあらためて自覚すれば、信仰を伝える確信と喜びを感じることが出来るようになるでしょう。

マリオ・バラーロ神父