洗礼者聖ヨハネ大聖堂(Duomo di San Giovannni Battista) イタリア

北イタリア・トリノ市の守護聖人、洗礼者聖ヨハネを拝する大聖堂です。十字架に磔にされたイエスの遺体を包んだとされる布に、男性の全身像が写っています。この布が聖骸布と言われていて、その像はイエスだと信じられています。ローマ法王もこれを信仰の対象とすることを認めています。
この布は、フランスで14世紀半ばに発見され、サヴォイア家の所有となりました。その後サヴォイア公国の首都となったトリノ市に保管されることになり、以後このドーモ内の防弾ガラスの中に厳重に 保管されています。布の産地、布に付いている花粉など各方面から真贋の研究がされていますが決着はついていません。普段はビデオでしか見られませんが、2015年4月から公開されていて6月には教皇フランシスコも訪問される予定です。
聖堂のすぐ前には市電が走っていて、布の神秘に包まれた後、急に現実に戻ります。