16.教会(六) 教会と神の国は同じではない

福音書を読んでみますと、イエスは神の国(あるいは天の国)について度々お話になりました。又神の心に従って生きる方は、神の国に属しているとおっしゃいました。その意味で、この世の中で、キリストを十分に理解できなかった、又は知ることができなかった方が、神の心に沿った生き方をするなら、神の国に属していることになります。
教会というのは、キリストを信じて洗礼を受けた方々のことです。その意味で、神の国の中に教会は含まれていますが、教会に属していない方でも、神の国に属することになります。
教会に誰が属しているのかは分かりやすいですが、神の国に誰が属しているかは、神だけがご存知なのです。