メスキータ(=モスク) Mezquita-Catedral de Cordoba スペイン コルドバ

コルドバはスペインの南部にありアフリカ大陸やイスラム文化の影響を強く受けた地域です。この聖堂の地にはカトリックの教会がありましたが、6世紀にイスラム王朝のモスクとされました。その後、増改築され世界最大級のモスクとなりました。しかし、13世紀前半にコルドバがキリスト教徒に奪還された後はカトリックの大聖堂となり、ゴシックやバロック様式で更に増改築されました。このためモスクと教会が混在している聖堂となりました。聖堂の外観はイスラム教のミナレット(鐘楼)がひときわ目立ちますが、なによりもその複雑な内部、なかでも馬蹄形アーチ850本が連続する大空間にはモスクの名残があり驚かされます。