マーチャーシュ聖堂 (聖母マリア聖堂)Matyas-templom ハンガリー ブダペスト

マーチャーシュ聖堂 (聖母マリア聖堂)Matyas-templom ハンガリー ブダペスト

ハンガリーのドナウ川西岸、ブダ地区の王宮の丘にあります。
「聖母マリア聖堂」ですが、1479年にその増築を命じたマーチャーシュ1世の名で
親しまれています。ハプスブルク家最後の皇帝カール1世を含め、
歴代のハンガリー国王の戴冠式がここで行なわれました。
1541年ブダがオスマン帝国に占領されてしまい、この聖堂はモスクとなり、
内部のフレスコ画は塗りつぶされてしまいました。
しかし1686年の戦で、この聖堂の壁の奥に隠されていたマリア像が現れて、
オスマン軍の士気がなくなり勝利しました。
それ以来、聖母マリアへの崇拝が高まり「聖母マリアの奇跡があった場所」として
知られています。その後、19世紀末になって修復され、
ゴシック様式の壮麗な姿を取り戻しました。
屋根はハンガリーの代表的な焼き物であるジョルナイ製のダイヤモンド模様の瓦で
覆われています。ハンガリーの三色旗「赤」「白」「緑」からなる美しい屋根です。
毎週日曜日にはラテン語の盛式ミサが行われています。