プリマダ大聖堂(Catedral primada de Colombia) ボゴタ コロンビア

ボゴタの歴史地区の中心、ボリバル広場の北東に建つ無原罪のお宿りの聖母マリアに奉げられた大聖堂です。1538 年スペインの征服者により、かやぶき屋根の礼拝所がこの地に建てられました。その後、地震などで数回建て直されました。現在の建物は1807から1823年にかけてネオクラシック様式で建てられました。内部には無原罪の聖母マリア像をはじめコロンビアの歴史上の人物の聖廟があります。
また1890年にスペインの工房で建造されたパイプオルガンが遺されております。今年(2017年)フランシスコ教皇が訪問なさりミサを司式なさいました。