ノートルダム大聖堂(フランス パリ)

パリ・シテ島にそびえる聖母マリアに捧げられた聖堂です。
ノートルダム (Notre-Dame, 英語ではOur Lady) は
フランス語で「私達の貴婦人」という意味で、聖母マリアを指しています。
1163年、国王ルイ7世の臨席の下、教皇アレクサンドル3世が礎石を据えました。
以後1世紀の歳月をかけて建てられました。高さ69mの塔をもつゴシック建築です。
花びらの形をした丸いステンドグラスがあり「バラ窓」と言われています。
入り口、南、北の3カ所にあり、南はキリスト、北は聖母マリアをテーマにして
作られています。