今月の神父のメッセージ

 皆さん、教会が6月29日に「聖ペトロと聖パウロ使徒」を祝った祭日は、わたしたちが信仰の喜びをいただいたのは一人でも多くの人に届けるためであるということを再び確認する機会になりました。聖ペトロと聖パウロはイエスさまへの信仰によって「兄弟」になり、自分たちに与えられたそれぞれの使命を忠実に果たしながら、多くの人をイエスさまへの信仰に導くことができたのです。6月29日に読まれた「福音」(マタイ16・13-19参照)にありましたように、イエスさまは「十二人」に「あなたがたはわたしを何者だというのか」と言われたとき、シモン・ペトロは「あなたはメシア、生ける神の子です」と答えました(マタイ16・15-16参照)。初めて「イエスさま」に出会ったときに、わたしたち一人ひとりの心の中でも、まったく同じ声が聞こえました。「あなたはわたしを何者だというのか」。わたしたちはいつ、またどのようにイエスさまに答えたのでしょうか。洗礼のときに初めて「信仰宣言」を行うことによって、わたしたちは「あなたはわたしの救い主です。あなたはずっと世の終わりまでわたしとともにおられる神です」とイエスさまに答えました。 ご存知のように、初めは教会を迫害していたパウロは、ある日、復活されたイエスさまに出会いました。その瞬間にすべては変わりました。パウロにとって、イエスさまは「すべて」となられました。自分にとってイエスさまが「すべて」となられたので、パウロは「すべての人に対してすべてのものになりました」(一コリント9・22)。教会の歴史を振り返って見ますと、数え切れないほど大勢の人が聖パウロにならって、「すべての人に対してすべてのものになった」ということが分かります。その一人は、シャルトル聖パウロ修道女会創立者 ルイショーヴェ神父様でした。ルイショーヴェ神父様は、「貧しい人、病人、罪人、また聖なる生活を求めているキリスト者の区別なしに『すべての人に全て』」となりました。 聖パウロは、シャルトル聖パウロ修道女会の保護者です。シャルトル聖パウロ修道女会の皆さんは、今年、来日「140周年」を記念しておられます。聖パウロは、湘南白百合学園の保護の聖人でもあります。6月29日午前9時、湘南白百合学園中学高等学校のホールで行われた「創立82周年学園記念ミサ」を司式させていただきました。司祭叙階されて44年になりますが、初めて約1200名の学生、教員、保護者を前にミサをささげることができたことをありがたく思います。感動的な体験でした。ミサの中で、聖パウロの取り次ぎを願って、とくに1070名の学生の夢が実現しますように、また学生の皆さんが「すべての人」の幸せのために働き、よりよい社会の建設に貢献することができますよう、と祈らせていただきました。さらに説教で、「愛を受けるのは、他の人に与えるためです。今、自分は幸せでしょうか。その幸せを分かち合いなさい」と学生の皆さんに呼びかけることができたことを「神さま」に感謝します。

「すべての人に全て」となって

 皆さん、教会が6月29日に「聖ペトロと聖パウロ使徒」を祝った祭日は、わたしたちが信仰の喜びをいただいたのは一人でも多くの人に届けるためであるということを再び確認する機会になりました。聖ペトロと聖パウロはイエスさまへの信仰によって「兄弟」になり、自分たちに与えられたそれぞれの使命を忠実に果たしながら、多くの人をイエスさまへの信仰に導くことができたのです。6月29日に読まれた「福音」(マタイ16・13-19参照)にありましたように、イエスさまは「十二人」に「あなたがたはわたしを何者だというのか」と言われたとき、シモン・ペトロは「あなたはメシア、生ける神の子です」と答えました(マタイ16・15-16参照)。初めて「イエスさま」に出会ったときに、わたしたち一人ひとりの心の中でも、まったく同じ声が聞こえました。「あなたはわたしを何者だというのか」。わたしたちはいつ、またどのようにイエスさまに答えたのでしょうか。洗礼のときに初めて「信仰宣言」を行うことによって、わたしたちは「あなたはわたしの救い主です。あなたはずっと世の終わりまでわたしとともにおられる神です」とイエスさまに答えました。

 ご存知のように、初めは教会を迫害していたパウロは、ある日、復活されたイエスさまに出会いました。その瞬間にすべては変わりました。パウロにとって、イエスさまは「すべて」となられました。自分にとってイエスさまが「すべて」となられたので、パウロは「すべての人に対してすべてのものになりました」(一コリント9・22)。教会の歴史を振り返って見ますと、数え切れないほど大勢の人が聖パウロにならって、「すべての人に対してすべてのものになった」ということが分かります。その一人は、シャルトル聖パウロ修道女会創立者 ルイショーヴェ神父様でした。ルイショーヴェ神父様は、「貧しい人、病人、罪人、また聖なる生活を求めているキリスト者の区別なしに『すべての人に全て』」となりました。

 聖パウロは、シャルトル聖パウロ修道女会の保護者です。シャルトル聖パウロ修道女会の皆さんは、今年、来日「140周年」を記念しておられます。聖パウロは、湘南白百合学園の保護の聖人でもあります。6月29日午前9時、湘南白百合学園中学高等学校のホールで行われた「創立82周年学園記念ミサ」を司式させていただきました。司祭叙階されて44年になりますが、初めて約1200名の学生、教員、保護者を前にミサをささげることができたことをありがたく思います。感動的な体験でした。ミサの中で、聖パウロの取り次ぎを願って、とくに1070名の学生の夢が実現しますように、また学生の皆さんが「すべての人」の幸せのために働き、よりよい社会の建設に貢献することができますよう、と祈らせていただきました。さらに説教で、「愛を受けるのは、他の人に与えるためです。今、自分は幸せでしょうか。その幸せを分かち合いなさい」と学生の皆さんに呼びかけることができたことを「神さま」に感謝します。

カトリック片瀬教会のホームページにようこそ!

2019年5月 聖母マリアの月
片瀬教会マリア像

令和元年の記念すべき最初の月5月を迎えました。
新緑が眩しいさわやかな5月は、カトリック教会ではマリア様の月となっています。神の母であるマリア様は昔も今も人々の崇敬を集めています。人々は神への取次ぎを願ってマリア様に祈ります。人々の心に安らぎを与えて下さる存在であるマリア様は、音楽や絵画に数多く取り上げられています。グノーやシューベルトの「アヴェ・マリア」は教会に関わりのない方でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。又「受胎告知」などの絵画も様々な画家達によって描かれています。
日本に初めてキリスト教を伝えたのは、イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルでした。日本の鹿児島に初めて上陸した日は1549年8月15日で、その日は聖母マリアの被昇天の祭日だったため、ザビエルは日本をマリア様に捧げました。そんなわけで日本はマリア様と特に深いつながりがあるのです。マリア様に私たちを守って下さるように祈りましょう。
片瀬教会聖堂前にある聖母子像はいつも穏やかなお顔で私たちを身守っていてくださいます。

カトリック片瀬教会 今週のミサ(5月27日~)

[月、火、木曜日]8時 [金曜日]9時30分
[日曜日]7、10時